サステイナブルハウス

ホーム > タムラのスタイル > サステイナブルハウス

サステイナブルハウス 次の世代へ継承していく家

日本は2度家を買う?!

日本27年。アメリカ103年。イギリス141年。
この年数一体何の数字だと思いますか?
この年数は住宅の平均寿命の年数です。
日本の住宅は驚くことにイギリスと比べて、1/5ほどの年数しか住む事ができません。
30歳で住宅ローンを組んだとしても、ローンが終わる定年前にはまた住宅を建て替えなければならないという事になります。

グラフを見て分かる通り、日本の住宅は明らかに短命です。
しかし、何百年以上も前に建てられた歴史的建造物の多い日本でありながら、これほど住宅が短命なになぜなってしまったのでしょう?

いくつか理由があります。

  • 安く早くによる耐久年数の短い建材を使用
  • 安い外国産の材料を使用
  • 住宅を償却物と考えている …etc

安く早くは住宅を多く作ってきましたが、その弊害として耐久年数の短い建材を多く使用しています。
特にコスト重視で安い外国産の木材を使用すると、気候・風土の違う土地ではそもそも持っている耐久性を損ね、寿命を縮める結果になります。

長く住むほど美しくなる家

ふつう、住宅は時間が経てば経つほど資産的価値は下がっていきます。
しかしイギリスなどでは長い間住み続けている住宅に高い値がついたりする事がよくあります。
キチンとしたメンテナンスとその土地の気候・風土にあった建材を使う事で、経年劣化ではなく経年美化していくのです。

私達タムラ建設は一生で一度の大きな買い物である住まいを次の世代へ受け継ぐことのできる住宅をご提案させて頂いております。
長い間建っている家はただ単に丈夫なだけではなく、流行り廃りのない一貫した造りがあります。

タムラ建設では時代にとらわれない家づくりをして、いつまで長く住む事の出来る家を造り続けていきます。
造りには気候・風土に合った安心・安全な国産建材にこだわり、自信を持って造るからこそアフターメンテナンスも50年間保証など次の世代へ継承していくための技術をふんだんに取り入れてご提供しております。

ページトップ